忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カペラS

中山D1200はスタートしてから直線入り口までにかけて、4mほど下ります。そしてゴール前には急坂がありますから、「日本一テンが速く、日本一上がり掛かる」タフなコース。それだけに、他コースでの1200実績はアテにならないところがあります。

特に京都D1200などは、中盤に上りがあるぶんテン緩くなる、中山とは真逆のレイアウト。京都実績で買うならば、1200よりもむしろ1400でハイラップを刻んでいるような馬のほうが買いやすいくらい。京都D1200で圧勝し、阪神D1400で負けているスリーボストンは、その意味で少し買い辛いでしょうか。


トシキャンディ
○ティアップワイルド
▲シセイオウジ


本命はトシキャンディ。中山D1200よりもタフかもしれない中京D1400で押し切ったプロキオンSは文句無しに強い内容でした。ハナを切れそうな組み合わせですし、単勝10倍超ならもう一丁の期待をかけても。

対抗にティアップワイルド。中山D1200では5戦3勝2着2回というスペシャリスト。良馬場でスタミナ勝負になる方が良いタイプだと思いますし、不利を被りにくい外枠。軸ならやはりこちらでしょうか。

単穴シセイオウジ。母父ブライアンズタイム、母母父ダンチヒ系デイジュールと、かなりスタミナに偏ったタイプの短距離差し馬。その意味でD1200では最もタフな中山は合い、全5勝のうち3勝はこのコース。上がりが速かった前走で着順を落としたぶん、今回は買いやすいと思います。


◎単勝、○‐◎▲馬連。

PR
阪神JF

今週末の阪神は風が強く吹くいているようで、土曜阪神が総じて「向正面はラップが速く、上がり掛かった」のは、どうもその影響だった様子。

今日も15時頃には西北西6mの風が吹く、という予報。最後の直線ではちょうど向かい風となる方角です。

朝日CCの上位馬たちがそうだったように、直線ではギリギリまで馬の後ろで強風を避けて、最後の最後に抜けてくる・・・というレースをするほうが、今日の天候には合っているはずです。


コレクターアイテム
○ローブティサージュ
▲アユサン
△カラフルブラッサム


本命はコレクターアイテム。前走のアルテミスSは、2歳牝馬限定としてはテン速く、しかも中盤の緩み方も小さいタフなラップ。

アルテミスS
12.5 - 10.5 - 11.5 - 12.1 - 12.3 - 11.6 - 11.6 - 11.7

この流れではラスト3Fに11秒台前半のラップが一つも無いのは仕方ないですし、ラスト1Fはもっと掛かっても良さそうなもの。実際、2着のアユサンは(一気に脚を使うという馬のタイプもあるでしょうが)最後は止まっていました。

ところがコレクターアイテムは、アユサンに来られた分だけもう一度伸びるという、ソラを使っているような余裕しゃくしゃくのレース振り。着差以上に強い、かなり優秀な内容だったと思います。

タフなだけでなく、デイリー杯で33.2という脚を使っているのも強み。また膝下が長い関係で、本来はあまり揉まれたくないタイプだと思いますが、前走では最内枠から馬群で我慢する競馬を克服しています。今回も内から抜け出すようなレースをすれば、結果は自然と付いてくるはずです。


対抗はローブティサージュ。寝肩・腰高の体型で、トモの長さを踏み込みの深さに上手く変換している、いわゆる「沈み込むフォーム」で走るタイプ。秋山騎手が惚れ込んでいるのも、おそらくそういう点だと思います。

ただ少し胴が短いあたりが、直線が長い阪神マイルにおいては気になる点。「末の持続力勝負」は、本来はあまり得意ではなさそう。とはいえ今回求められる「馬の後ろで我慢する競馬」を経験してきていますし、母父シングスピール(朝日CC2着アドマイヤタイシの父)でスタミナも備えているはず。タフな阪神コース、とりわけ2歳牝馬同士での勝負では、そうした点が活きるのではないでしょうか。


単穴にアユサン。寝肩腰高で筋肉豊富、馬体重はメンバー中上位の490キロ台。タフな馬場で活きるパワーを持っています。

前走は相手が強すぎましたが、この馬自身も充分に立派内容でした。欲を言えば、もう少しスタミナ面で強調材料があれば言うこと無しでしたが、示した能力の高さは上位ということで。


△にカラフルブラッサム。異例のロングスパート勝負となった新馬戦でテイエムイナズマらを下していますし、新潟2歳Sでは①厳しいペースを先行 ②直線で前が壁 ③やっと空いたと思ったら、外から体当たりされる・・・という大きな不利がありながら、5着に踏ん張る強い内容。そして前走では仕上がり途上ながらトーセンパワフルとクビ差。末の持続力、スタミナという点ではかなりの物を見せています。

頭で来てもおかしくない履歴だと思いますが、和田騎手を乗っけて外枠というのが気になる材料。強風をモロに受ける位置取りになりそうで、そうすると1着は厳しいか。


サウンドリアーナは気性が前向きなのがどうか。もともとスピードのある馬には厳しい阪神JFですが、強風が吹く今回は更に不利を被りそう。来ても3着、という評価。

サンブルエミューズは父母父のノーザンテースト的なハコ型体型。前走は「テン4ハロン速く、中盤2ハロン緩く、終い2ハロンがとんでもなく速い」というイビツなラップで、終いの持続力の担保としては弱い。外回りで後方から・・・という競馬はどうか。



馬券は◎単勝、◎‐○▲△馬連流し。



書いてる内に間も無くデビューを迎える時間になってしまいましたが、中山5Rのスペクトロライトは、今年一番期待しているPO馬。そのうち記事を書くと思います。

ただ、牝馬で中山2000デビューって・・・;



朝日CC


前のエントリでは「締まったペースになる傾向」と書きましたが、今回先行しそうな馬に跨っている騎手を見てみると、どうもペースが速くなる可能性は低そう。川田・池添・福永・藤田・岩田騎手らは、先行したときには(馬のタイプによらず)とりあえずペースを落とそうとするタイプ。先行争いは激しくならないと見て、スローのロングスパートか、瞬発力勝負を想定しておいた方が良さそうです。


ミッキードリーム
○サンレイレーザー


本命はミッキードリーム。重賞初制覇となった'11朝日CC、3着に入った'11毎日王冠はどちらも「スローのロングスパート」で、'12米子Sは「スローの3F勝負」。3歳時に2着した毎日杯も似たようなラップですから、ミッキードリームは基本的にスローペース専門の馬です。


'11朝日CC(阪神10F) 1着
5F61.1 終い5F11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.1 - 12.3

’11毎日王冠(東京9F) 3着
5F61.1、終い4F12.0 - 10.9 - 11.1 - 11.6

’12米子S(阪神8F) 3着
5F60.5、終い3F11.4 - 10.4 - 11.8

'10毎日杯(阪神9F) 2着
5F62.3、終い4F12.9 - 11.5 - 11.1 - 11.5


昨年の天皇賞秋以降はマイルを中心に使われていますが、「ペースが遅い方が走る」というこの馬の特性を考えると、本来の適性は外回り1800にあるはずです。

前走は休み明けに加え、苦手の締まったペース(5F59.1で、坂の上りで12.1が刻まれたほかは全て11秒台のラップ)。叩いた効果+得意のペースが得られれば一変しても。


対抗はサンレイレーザー。前走の清水Sでは、スローのロングスパート戦では不利な外目を通って楽勝。上がりは優秀ですし、先着した相手も軒並み次走活躍しています。スローの外回りでハンデ54キロなら、重賞でも勝負になりそう。


単勝→単複、ワイド一点。



朝日CC(の前身鳴尾記念)の傾向

馬体面

・阪神コースらしく、前駆の発達したパワーのある馬が活躍
・少し繋が起っている方が馬場的に向く

ラップ面
・ペースが締まることが多い
・中団より前に付けるのであれば、2000以上でも活躍出来る、スタミナと持続力に富むタイプに向く
・東京ではキレ負けするくらいの馬がよく来る
・後方一気が比較的ハマりやすい

血統面
・パワーとスタミナを補強できるニジンスキー持ち
・SSはトニービンや欧州型NDなどでスタミナを担保したい(SS×ミスプロはイマイチ)


カペラSの傾向

馬体面

・テンの下り坂で勢いを付けられる巨漢先行馬がパフォーマンスを上げやすい

ラップ面
・前走1400で7番手以内の位置から連対している馬は安定して走る
・1600でも活躍できるようなタイプは着順を落としやすい。1400以下特化型の方が良い
・テン速く、上がりは掛かるタフなレースなので、斤量は比較的効きやすい

血統面
・馬場が湿ったときはミスプロの独壇場
・良馬場になると終いはバテあいになるため、ミスプロの重要度は下がる




ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析