忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

考えれば考えるほど、調べれば調べるほど難しい弥生賞。うだうだと悩んでいたらこんな時間になってしまいましたが、ちょっと自信アリ






にほんブログ村 トラコミュ 第45回 報知杯弥生賞(JpnII)へ
第45回 報知杯弥生賞(JpnII)


中心馬不在と言われるほどの混戦ならば、馬場や展開が味方しそうな馬を狙うのが馬券のキホン。外を通った馬が伸びない状態の中山ならば、当然先行馬が有利。

・・・という黄金のセオリーを考慮すれば間違いなく買い目に入るでしょうが、今回はそれが無かったとしても本命にしたい馬がいます!


それがキャプテントゥーレ。


パドック予想で同馬を無印扱いにしていた朝日杯FSのレース回顧で、自分は次のようなことを書いていました。

(3着だった)そのキャプテントゥーレ。 前走後ソエが出て短期放牧に出していたそうですが、その影響が出ていました。ただでさえ休む前も余裕のある体つきだったのに、そこから8キロも増えてました から。脚元がパンとしてビシビシ追えるようになったら、かなり強いレースをしても不思議はありません。来春は多少人気していようが、常に注目して置かなけ ればならない一頭です。


出走メンバーと上位陣のその後の活躍を見ても、朝日杯のレベルの高さは明らか。そのハイレベルレースを余裕残しの状態で3着したキャプテントゥーレの能力は、ここでも上位であるハズです!


pp04.jpg30c2401d.jpg㊧今回
㊨前走





競馬ブック・PHOTOパドックより


写真を見ても、前走の重め感がかなり解消されています。今回出走する重賞ウィナーのなかでは最も調教量が多いトゥーレですが、馬体の仕上がりだけなら恐らくデビュー以来最高のもの。

こんなに良化が見えているのに、距離不安説だか何かで人気はあまり無いんですよね!?
確かに母エアトゥーレはマイラーでこの仔もマイルベストでしょうけど、中距離でもやれそうな体つきで折り合いの心配も無いというのに騒ぎすぎでは?

大衆の逆を突くのもまた馬券のセオリー。美味しい人気にしか見えません><


キャプテントゥーレ








にほんブログ村 トラコミュ 第56回 中京記念(GIII)へ
第56回 中京記念(GIII)


トーホウアラン・タスカータソルテ・ダイレクトキャッチと微妙な馬が人気になりそうですが、普通に人気すべきなのは年寄り連中じゃないかと。平坦開幕馬場って腰甘ネクサスとローゼンの庭じゃないですか~。眠いんであとは省略します

シルクネクサス
〇ローゼンクロイツ
▲ハイアーゲーム


739fd301.jpg





netkeiba.comより
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 弥生賞

おはようございます。
いよいよクラシックの前哨戦が始まりますね。
今回いろいろな路線が出てきてますが、
やはり今回対戦で、タケミカヅチとブラックシェルを
物差しに考えてみました。
まず東スポ杯はタケミカヅチ、スズジュピター、フサイチアソート、ベンチャーナインが同じような上がりできていて
位置取りの差だったと考えると、今回人気のスズジュピター、フサイチアソートはタケミカヅチとそんなに変わらない!(それは大げさですが。抜けて強いとは考えづらい)と考え、押さえまでかなと。
また、ブラックシェルはマイネルチャールズとホープフルSでやってますが、これはレベルが高かったと思います。(その次にマイネルは京成杯を勝っています。)
そのマイネルは力上位と考えられます。
考えてみるとそれぞれ差し追い込みなんですよね。
今回前が楽だと思いますので、やはりキャプテントゥーレは楽なレースになると思います。ひとつ休み明けだけ心配ですが。

という事で。2頭軸で行きます。

馬連◎マイネルチャールズ
3連◎キャプテントゥーレ
▲ブラックシェル
注フサイチアソート
△スズジュピター
△ベンチャーナイン
△ホッカイカンティ

◎◎▲を中心に3連複と馬連を薄めにと
マイネル単勝、キャプテン複勝で厚めに。

キャプテンはPO馬なので全部のレース見てますが
新馬負け方がショックだったので、皐月賞での方が
安心ですけどね。^^;
Jungle 2008/03/09 11:58 *edit
 単勝オメです!
自分もチャールズ信頼しとけば良かったです

最後までトゥーレと迷ったんですけど、先行するのか分からなかったのと
どうせ叩き台の仕上げだろうってことで見送っちゃいました
実際に少し余裕がありましたからね^^;
2点買いにしとけば良かった><

キャプテンは自分も指名してるんでレース映像も何度もチェックしてるんですけど、
初戦は子供っぽさが出た感じだったんで別に久々がダメとかでは無いと思ってたんですが・・・
今回の負け方を見ると、やっぱりそうなんですかね?
よ~いドンも向かなかったと思うんで、皐月賞でもう一度狙ってみます
Apollo 2008/03/09 21:00 *edit
 皐月賞

キャプテンは多分休み明け駄目ですね。
次に人気が落ちた時が買い時だと思います。
初戦の負け方は、良血ですが半端ではない
負け方でしたからね。(笑)
距離は2000mなら問題なさそうですね。
キャプテンの複勝も取れれば良かったですが、
次にいただきましょう!

タケミカヅチは今年の僕の物差し馬ですので
これより強い弱いがポイントだと思っています。
これが3着に来たという事は、上の2頭は
次走も買いだと思ってます。
次も物差しになってもらいましょう!(笑)

マイネルチャールズは間違いなく強いですね。
だってアポロさんも言ってたし。(笑)
今回超スローだったので、前に行って正解です。
松岡はなかなかやりますね。
本番でも馬券の対象でしょう。

ブラックシェルは、今回前目で勝負するんじゃないかと
密かに思っていました。
武の持ち馬はブラックとキングスエンブレムで
キングスも勝ちに行って先行しました。
だから今回大負けしたら、ブラックじゃなくて
キングスで本番に向かうという事を考えました。
だから、今回ブラックに重い印をつけました。
これまた僕の物差し馬です。(笑)

まだまだ混戦ですので、本番も面白そうです。
口座のお金がだいぶ増えてホッと一息です。
^^
Jungle 2008/03/09 21:49 *edit
 4着では金は増えない(泣)
松岡クンも上手かったですけど、キッチリ権利を獲ってくるユタカさんにも脱帽っすね。
さすが天才^^;

プレ・皐月賞が終わって一段とクラシック戦線が熱くなって来ましたが、
自分の財布はアツくなるどころか・・・あらら
ネジ締めなおして頑張ります!
Apollo 2008/03/09 23:19 *edit
 マイネルチャールズ

マイネルチャールズは京成杯でアポロさんが良いって
言ってたじゃないですか!(笑)
それも有って◎にしたんですよ。^^
アポロさんの予想は非常に参考になります。
僕はその後で予想するので、
ジャンケンでいうところの後出しジャンケン
みたいなものですからね。(笑)

僕は展開予想が主で、調教で調子と前走との違いを、
あとは血統で適正を予想するので
基本パドックは見ないので、アポロさんの意見は
素直に聞けます。(笑)

これからも後だしジャンケンでがんばります。(笑)
Jungle 2008/03/09 23:42 *edit
 褒められても何も出せませんが><
そう言っていただけると助かります♪
精進します!

僕は予想ファクターを出す人間と、それを扱う人間は別々であるのがベストだと思ってます。
その方が客観的な判断を下しやすいんですよね。

パドッカーの場合、状態が良化しているという一点のことに囚われすぎて
他の要素に目が行かず、ミスジャッジをしてしまう・・・というケースは、
自分を含めて色んな方に見られることかと思います^^;

今回もキャプテントゥーレの良化度と、マイネルチャールズの実力を
きちんと天秤に掛けられていなかったなあ、と反省しきりです

ですから後出しジャンケンってのは、競馬予想の一つの理想型ですよ!
Jungleさんのほうが自分より儲けてることが多いのは、ある意味必然ですね(泣)


全体を俯瞰(フカン)するには傍観者であれ。

ここまで書いてみて、自分に足りなかったものが何となく見えてきました
時間は掛かるかもしれませんが、また一枚脱皮できそうな気配です!
Jungleさん、きっかけを有難うございます(笑)
Apollo 2008/03/10 00:55 *edit
 今年のクラシックは。。。

マイネルチャールズが勝ちましたが
まだまだわからないクラシック。
今年の牡クラシックはまだ判りません。
なんだか例年よりワクワクしますね。

僕はメジロライアン世代なので、3強とか4強とかの
クラシックは大好きです。
ハクタイセイ、アイネスフウジン、メジロライアン、
ホワイトストーンといった個性的な面々が
クラシックの主役でした。
(確かその年だったか武豊がブレイクしたんだと思います。メジロマックイーンで。)

ノリはアホみたいに「俺の馬が一番強い」って言ってたのが印象的です。
そんな感じのクラシックですので、一筋縄ではいきませんよ。予感ですけどね。

Jungle 2008/03/13 00:35 *edit
 大混戦
うーん、同感です。
チャールズもリードは一歩か半歩といったところですし、まだまだ皐月賞は見えてこないですね(^_^;)

弥生賞のパドック見て、やっぱりダービーはブラックシェルなのかなと思いましたが中山2000・京都3000向きの馬ではありませんし、今年も2冠馬はでそうにないかと。でもこういう年のが面白いっすね!
Apollo 2008/03/13 10:01 *edit
 無題
アイネスフウジンVSホワイトストーン、遺恨試合の皐月賞。
毛色、体つき、脚質etcまさに対極の2頭が、火花を散らしたあの年のクラシックは面白かったですね。
・・とくにマックイーンは・・・ごにょごにょ(武ぇ貴様だけは許さん。←Wストーンびいき)
遥か後に、角田から武に乗り変わったノースフライトを、府中牝馬Sからエリザベス女王杯を◎的中しながら、それ以降ことごとく無視して馬券を外し続けることになる伏線になっていくとか、「ちびは淀まぬラップのG1では絶対勝てん!」とか、いまでもしょっちゅう言っていますが、その原体験のレースです。

そしてホワイトストーンといえば、JCのベタールースンアップは強かった・・・。当時、あの抜け出してバテず落ちずでストーンを完封したあきれるほどの強さ、満を持して向った宿敵マックを堕としたゴールデンフェザントの強さを見せ付けられたからこそ、翌年のトウカイテイオーが光り輝いたのですよ^^
たま URL 2008/03/13 17:25 *edit
 大川氏の「ライアン!」は知ってますが
競馬歴5年ほどの自分では、正直おふたりの話について行けないのが辛いところで(^_^;)

でも馬と人のドラマをライブで追っていくってのは、競馬の一番の醍醐味ですよね!
メイセイオペラがフェブラリー勝った時代に競馬やってたら、盛岡から馬にハマった自分は大感動できたろうに…と思うと残念でなりません><
まあディープとウオッカのダービー制覇を見れただけでも、競馬の神様に感謝しないといけないっすね(笑)

20世紀の名馬100という映像があるんですけど、それを見て名馬の馬体というものを勉強せんといかんなぁと思いつつサボり続けてきましたが、話について行くためにもちゃんと見てみようかと。手始めにホワイトストーン・メジロライアンあたりから見てみます(*^-^)b
Apollo 2008/03/14 00:42 *edit
 メイセイオペラは
単勝5000円の紙。5倍くらいでしたかね?確か。もう10年くらい前なんですね…もしかして。未換金のまま、どっかにあります(笑)馬連軸、珍しく単勝も勝って応援してましたねえ。メイセイオペラ。
トウケイニセイファンの自分にとって、菅原Jのコメントが何より泣けました。今でも、地方交流の開始タイミングはJRAの陰謀だと半ば真面目に^^;
ライブリマウント、トーヨーリファールっていう若く新しい血統のダートの鬼がJRAに育ち、それまでのJRAダート王ミスタートウジンらからバトンを受け継いだ年。95年KRA交流競争元年でした。
前年秋、笠松最強のトミシノポルンガは、JRA平安Sに招待。
JRAの土俵で卑怯なだまし打ちで既に打ち破られており、
すでに東海は制圧済。
南関東の若き王者アマゾンオペラが帝王賞でトーヨーリファールに敗れたことで、岩手の怪物トウケイニセイの守る南部杯はJRAの野望に対する最後の砦でもありました。当時ニセイはそれまで何度も中央からの刺客を返討ちにしてきましたが、全盛を過ぎた9歳になるのを待って、卑怯にも最強の刺客をJRAが送りこんできたのです。
その南部杯で初の3着でライブリマウントに敗れたことは、交流前には地方それぞれに偏在していた各地のダートの猛者達がJRAの送りこんでくる砂の刺客の前に完敗したことを意味していました。”やるなら2年早くやっていれば、ライブリマウントは勝てなかったハズだ。何が最強の砂の王者だ!”と、今でも恨みに思ってます。
続く96年。日本制覇を果たした女王ホクトベガに対して、地方競馬の「地元のヒーロー」達はまたも完敗。(そのホクトベガのクラシックでは岩手のユキノビジンがやはり勝ち切れず。)わずか2年で、地方ダートの勢力図は完全にJRAを頂点に塗り替えられました。そんな無念な気持ちを…あ、いかん、泣けてきた~。勲~。
ごめん~、ダメだ。この話はマジで泣けちゃうのよ(苦笑)
たま URL 2008/03/14 06:09 *edit
 ニセイも見たかった!
53戦49勝2着3回3着1回でしたっけか?とんでもないお馬さん(^_^;)
勲さん曰わく「ドバイも勝てた」ですから、10年早く地方交流が始まっていれば…オペラオーくらい稼いだかも。歴史の犠牲になった名馬ですね><

岩手には他にもユキノビジン・トーホウエンペラー・ネイティヴハートですか。何気に名馬が多くて、一昔前は地方競馬のエリートと呼ばれていたというのも納得です。

長年に渡って紡がれてきた歴史がある競馬場ですから、それを絶やして欲しくないんですが…近年は毎年崖っぷちで(-_-#)
4年くらい前は本当にヤバかったんですが、当時の知事だった増田現総務相が本当によくできた方で良かったっす!来年も取りあえず大丈夫らしいですよ(^-^)
Apollo 2008/03/14 16:34 *edit
 懐かしいですね。

ユキノビジンとかベガ世代も懐かしいですね。
その頃、地方馬は良く判らなくて桜花賞で持ち時計が
あるってだけで馬券を買った覚えがあります。(笑)
その世代の牝馬クラシックも面白かったですね。
今、netkeiba.comで検索したら、
桜花賞の前にクロッカスステークス勝ってるんですね。
それも1600mだったし!(笑)
それで1600mの持ち時計があったのかと。。。
今、見返すと当時あまり意識してないことが
わかりますね。^^
当時の牝馬クラシックを彩った名牝の数々。
ベガ、ユキノビジン、マックビューティ、ノースフライト、ホクトベガ、スターバレリーナ、ヤマヒサローレル
あと、、、ワコーチカコ(笑)
ワコーチカコもこの世代なんですね。
古馬になってからじゃないと活躍しないこの馬も
クラシックに乗ってたとは驚きです。(笑)
うーん。見直すといろいろ気づきますね。
懐かしい気持ちになりました。^^
Jungle 2008/03/15 09:06 *edit
 懐古
自分は去年のことを思い出すだけで、懐かしい気持ちになったりします^^

日々勉強で、あの頃は競馬のこと分かってなかったなあ…ともしょっちゅう考えてますし。半年後にはまた『あの頃は…』って思ってるんでしょうね。いつになったらそう感じずに済むのやら(^_^;)
Apollo 2008/03/15 23:45 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 ここはブレずにいくが吉[弥生賞]
あれもあるかも、これもあるかも… じゃあちっとも絞れないねぇ、このレース。 基本的には、普通の年の弥生賞で後方からズバンと抜けきる馬は、 将来クラシックかどうかは別としてG1級。 といっても、該当するのは近5年ではアドマイヤムーンと、 まくりあげたディープインパ..
[おんまがはしるよ♪ ] ×URL   2008/03/09(Sun) 08:41:32


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析