忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セントウルSでは猛烈な勢いで直線追い込んだグリーンバーディー。その見た目の派手さからスプリンターズSのプレレーティングではトップの評価を受け、各所の論調を見るとどうやら当日も一番人気になりそう。
しかし、です。今年のセントウルSは、終い2ハロン目に10秒台が刻まれた異例のスロー。遅い遅いと言われた昨年をも上回る、短距離らしからぬ切れ味勝負の流れでした。

2010セントウルS
12.0 - 10.7 - 11.2 - 11.5 - 10.8 - 11.8

2009セントウルS
12.2 - 10.7 - 10.9 - 11.2 - 11.1 - 11.7

スプリンターズSでは過去に逃げ馬が4勝しているように、中山1200は切れ味よりもスピード、先行力が問われるコース。昨年も切れ者アルティマトゥーレが、ゲレイロの11秒台ー10秒台ー10秒台のスピードの前に末を無くし、人気を裏切ったのは記憶に新しいところ。差し馬の敗退も毎年繰り返される光景ですよね。
グリーンバーディーは香港では先行して勝った例があるそうですが、それも12.4ー11.3ー11.2の緩いペースでのもの。今回も前走と同様、後方からのレースになるのはほぼ確実と言って良さそうです。
切れ味が身上の一番人気の差し馬を、果たして買うべきかどうか…これはもう即決でしょう。

●オールカマーの回顧
12.4 - 11.1 - 12.2 - 11.9 - 12.4 - 11.9 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 11.9

テン:やや速め
中盤:やや速め
上がり:普通
スパート:6F(持続力プラス切れ)

想定よりもやや速めに流れたうえ、持続力と切れ味を同時に求められた厳しい展開。これでは先行馬がタレるのは仕方ない…にしても、やや物足りなかったミステリアスライトの粘り。やはり底力は腹袋>前駆だなぁと再確認;
注目は先行馬最先着のサンライズベガ。母父ヌレイエフらしくややトモが緩い走法なので、中山よりは東京・京都が向くはず。アルゼンチン共和国杯や日経新春杯に出てくれば有力だと思います。
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 ついでに

そうですよねぇ
なんか末脚だけがクローズアップされてますけど、そういう馬はえてしてそういう先方に頼らざるを得ないなにかを併せ持ってるんですよね。
ドリームジャーニー然り。
負けて強しの代名詞ですけど展開が向かないと勝てない。

今回は展開もそうですし、コース的にグリーンをアテにしづらいというのは同感です。

ただねぇ・・・サムライブルー、所謂日本勢にも不安材料が盛りだくさんなんですよねぇ。

そこで僕はもう1頭の香港馬に白羽の矢を立てようと思ったんですが、この馬についてはどういう見解持ってますかぜひお聞かせ願いたいですww

ビービーがトモ流れ気味なのはどうなんだろ・・・^^;
Michael URL 2010/10/01 19:11 *edit
 一長…二短?
どうもです
グリーンバーディーが先行出来ないのは、たぶん体型の問題だと思うんですよね。ラストタイクーンに多い…腰低体型?って言わんかw
腰が高くない上に後ろの繋ぎも寝ていて、スタート時に重心が後方に残り易いんでしょう。日本で言えばトウショウカレッジもこんなタイプでした。調べてませんが、カレッジも中山のイメージはあまり無いですよね。中京なら良さそうですけど。

ウルトラファンタジーは検索してもなかなか引っかからないので断念してました;
まぁ休み明けですからね…それに体重が550キロ?とかありますから、野芝100%の馬場ではちとパワー型に寄りすぎかもしれません。

ビービーですが、僕は写真の姿勢はあまり気にしないんですよ。ブッ○とギャ○ップで全然違ったりしますし。でもそれ抜きで考えても…悪くはないけど抜群とは言い難いですかね、昨年が良かっただけに余計に。でも今回は贅沢が言えそうにないからなぁ…悩みますね(^_^;)
Apollo 2010/10/01 22:15 *edit
 確かに

体型そうですね。
逆にゲレイロなんかは背伸びしてるんかってぐらい、繋ぎも立ってるし腰高いですね。ww

そうですよねぇ、やっぱりパワーによりすぎてる感はありますね。
ただ、馬場が渋ったらその先行脚質とともに馬鹿にはできないんですよねぇ。

やっぱ今回もビービーからかなぁ
実はビービーがハナ差でG1逃した数だけ僕もハナ差で馬券逃してるんですよww
この馬にはなんだかんだで◎打ち続けてるんでね。
不安点は前走でいつものような行き脚がなかったのと、やっぱり枠ですねぇ

ジェイケイセラヴィにも重めの印打とうとしたら枠に泣きました。
Michael URL 2010/10/01 22:46 *edit
 好対照
ゲレイロはホント腰高の典型ですからねぇ。腰の高さがスタートダッシュに与える影響はこの2頭を教材にしときゃ良いんでしょうね。何年か後にネタに使えるかな…でもグリーンバーディーが、今回の結果次第では忘れられる可能性があるか(苦笑)

ビービーは雨で時計かかるのはプラスでしょうし、僕も◎候補に入れてます。でも単勝買うのは…ちょっと躊躇うかもw
アンカツも内枠は良くないとか言ってるし、悩みますね。
Apollo 2010/10/01 23:16 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析