忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ステイヤーズS


13.0 - 11.8 - 14.1 - 13.6 - 13.4 - 13.4 - 13.7 - 13.5 - 13.4 - 13.1 - 13.7 - 13.2 - 12.7 - 12.2 - 11.8 - 11.4 - 11.5 - 11.8

2600mはドスローで進み、ラスト4ハロンの末脚勝負。3600mの長丁場でしたが実質的にスローの中距離戦といった感じで、スタミナ・長距離適性ともあまり問われないレースとなりました。

中山3600は特殊コースでスタミナしか問われない、という前提だったため、ここで馬券はジ・エンド。「ステイヤーズSとしては」かなり特殊なラップになったので、むしろ京都2400あたりに繋がる結果と言えるかもしれません。

フォゲッタブルは稍重ながらも時計の出る馬場も幸いしたんでしょうが、改めて春天で買いたくなるレースぶり。直線の坂ではぜんっぜん前と差を詰められなかったのに、登りきってからギュンと伸びているあたりが確実に平坦巧者。来春の阪神大賞典ではいい感じに負けて、本番で人気を落としてください。



鳴尾記念


12.8 - 11.5 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 11.1 - 11.0 - 11.5

テン4ハロンは遅いものの、後ろから3ハロン目が速いロングスパートだったため先行組が苦しいラップ。いつもより先行していて、よりによってその3ハロン目のところで前を捕まえに行ったのがイコピコ&ルメール。まー、騎乗ミスのそしりは免れないでしょうね^^;

逆に緩いテンでそこそこ前に行って、ロングスパートのダメージを受けない程度の位置で競馬したアクシオン&藤田騎手は最高の騎乗。馬も強かったけれど、藤田騎手は阪神外回りだと(大逃げでもイン差しでも)展開利を得るポジションによく居ますよね。ちょっと覚えておこう。


次走の穴は、今回好位置に付けていた組。サンライズマックス・ライブコンサートあたりは上がり掛かる条件で見直し。


PR
ジャパンカップ


12.7 - 10.5 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.4 - 11.4 - 12.3

道中で最も緩んだラップが12.2と一貫したペースになりつつも、終いの瞬発力も求められた総合力勝負。馬券が当たればもっと良かったけれど(苦笑)、久々にGⅠの名に相応しいグッドレースとなりました。

勝ったウオッカは「速いペースでの瞬発力勝負」に滅法強い馬であり、過去2年スローで殺されたスピード能力が今回は100%発揮されました。勝因の9割は「騎手」ではなく「展開」でしょうね。


本命コンデュイットは4着。手前はきちんと替えていましたが、騎手コメントによると輸送疲れがあったよう。手前替えないでGⅠ勝つくらいの馬なのだからデキいまいちでも勝てると踏んでたんですが…うーん、甘くないか;

3着レッドディザイアは立派。もともとソラ使いで能力の底を計りかねていた馬ですけど、ブエナビスタよりも資質の幅は広い馬のように思います。デキも万全ではなかったですし、ブエナとの再戦が楽しみでは。

2着オウケンブルースリは、好タイム決着を後方から突っ込んできてハナ差2着というあたりがハーツクライと被る。ということで有馬は人気するんでしょうけど、かなり頭の高い走法の馬なので中山の急坂がどうか? ふっふっふ、楽しみです。

京阪杯


12.0 - 10.4 - 10.7 - 11.1 - 11.4 - 12.0

33.1-34.5って、スプリンターズSとあんまり変わらないラップじゃんよー…テン2ハロン22.4も速いし、ここ最近の競馬には珍しく先行馬全滅の展開となりました。こんなに極端なラップになったのは、やっぱり自分のせい?(がスプリント重賞35連敗中…泣)

8着 アルティマトゥーレ 松岡正海騎手
「暖かいときの方がいいタイプの馬かもしれません。いまから考えたら、少し動きが硬かったかもしれません」(ラジオNIKKEIより)

パドック観てないんで分かりませんが、今思えばってのがなぁ。どうなんでしょうか。「1200での連対はすべてテン33.8以上掛かった緩い競馬のみ」というスロー専門馬だけに、展開が敗因の9割以上では。


…他はあんまり振り返ることも無いんですが、最後に小ネタを一つ。ハイペースなのに33秒台の脚が求められる展開というのが中京チックだったのか、掲示板に載った5頭中4頭が中京1200実績のある馬でした。5着ラインブラッドは中京1200未経験ですが、適性を見込んでもいいかもしれません。
マイルCS


12.1 - 10.9 - 11.8 - 12.4 - 11.5 - 11.4 - 11.2 - 11.9

ざっくり遅い⇒速いの流れで、前半4F47.2は土曜の2歳新馬(牝馬限定)と0.1しか差が無く、2001年以来の超スロー。「 カンパニーのGⅠ・GⅡ勝利は、すべてテン4Fが47.2以上かかったレース」と展望で挙げましたが、まさかこの条件が実現するとは思いませんでした…

もしも、もしもですよ。テン4F46.0で、勝ち時計が1.32.8とかだったら、カンパニーにはキツかったでしょう。「上がり勝負には滅法強いが、ペースと時計が速くなるとついて行けない」。そういう明らかなキャラクターを持った馬ですからね(詳細は展望を参照)。


「スローじゃないと走れない馬」が一番人気のときに、どうしてここまでスローに落とさせるかなぁ…いや、もともと先行馬は少なかったけれども。ザレマあたりはハイペースじゃなきゃダメな馬なので、もっとツツくと思ったんですが下げちゃいましたね;

これで2週連続で超スローのGⅠに。予想記事のタイトル“カンパニー包囲網”どころか、カンパニー送別会といった感じのレース内容になってしまいました…面白くないぞーコンチクショー!(うすた風に)


めっけもんの穴馬は激走してるのに、勝負馬券はハズレ。堪える…悶える…回顧が億劫になる(泣)



東京スポーツ杯2歳ステークス


12.8 - 11.4 - 12.0 - 12.2 - 12.7 - 12.7 - 11.4 - 11.2 - 11.8

遅い遅い速い で、自分のペース想定に嵌る形。これで馬券を外しているのだから、能力・適性把握の段階でシクジリがありました。

まず、2着のトーセンファントム。「極限の上がり勝負に向きそうなタイプには思えません」と書いてて、33.4で最速上がりを使われてるのだからどうしようも無い; いちおう「長い距離は疑問」と強がってみますが、しかし実力あるなぁ…参った。

勝ったローズキングダムは評価が難しい。父キンカメ(キングマンボ系)のくせに腹袋はイマイチで、現在のところは底力薄い切れ味特化型に見えます。クラシック云々はまだ言えません。

本命のアーバンウィナーは7着。掛かったり詰まったりと酷い競馬でしたが、あれだけ掛かるとなると騎手よりも馬の問題。母父トウショウボーイの影響なんでしょうかねぇ。スピード能力では一枚劣るだけに、脚をタメられぬ現状ではちょっと買いにくくなるかも。

レッドバリオスは10着。こっちにも走られてたら馬体派と名乗れなくなるところでした^^; キレが関係なくなる距離短縮なら買えると思います。



福島記念


11.8 - 11.1 - 11.1 - 11.6 - 11.9 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 11.6 - 12.4

キリシマが一頭すっ飛ばしていたこともありますが、それにしても前半が速い流れで勝ち馬は恵まれでも何でもない。強い競馬。別定戦でも大イバリできるはず。でもスピードを活かすのが本領だけに距離延長は怖いかも。

さて、マイルCSはラジオNIKKEI賞でこの馬を差し切ったストロングガルーダが出てきますね。前半が今回並(4F45.6)に流れればガルーダも有力だと思いますが、まあ速くならないでしょう;

サクラオリオンは騎手コメントを鵜呑みにすれば高速決着が敗因でしょうが…う~んどうでしょうね。それにしても栗東ポリトラ追いの馬は走らん。時計や見た目の動きは良くなる(走りやすい)コースだけに、デキ落ち馬御用達の状態だったりして…?




ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析