忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【小倉2歳S】

アグネスクリスタル
〇マルブツイースター


【新潟2歳S】

エイシンパンサー
〇タケミカヅチ
▲アドマイヤフォース


のっけから言っちゃうのもアレですが、2歳重賞ってパドック映像とかで馬を観てないとキツイんですよ。

馬のキャラをそれまでのレース振りから掴むにはあまりにもキャリアが少ないので、馬体から掴むより他ない。競馬ブックのフォトパドックで馬体は見れますが、腰の甘さ・体の硬さなどは分からない。歩かせてみないと、馬って分からないんです。もちろん、走らせてみたほうがもっと多くのことが分かってきますけどね。

幸い両重賞に観た事のある馬がいて、それもかなりの有力馬なので事前予想をしてみます。これでどの馬もみた事がなければ、全く予想できないところでしたね・・・ラッキーです。

まず出走馬が少なく予想しやすい小倉2歳Sから。

武豊騎乗のコウユーコロコロが人気を集めていますが、前走の時計は平凡で、しかもお終いが掛かっています。馬体写真からは血統から来る肉付きの良さが魅力的に映りますが、こんなに人気を被っていては嫌いたくなります。枠順も良いとは言えません。

シルクストレングスは馬体写真もないので何とも言えませんが、時計的には平凡。

マイネレーツェルは背も肉もあまりないんで、器では見劣ります。スタミナ勝負になれば強い可能性はありますが、良馬場の1200ではそれもどうでしょうか。日曜に更に馬場が悪くなれば、浮上の余地はあるかもしれません。

狙いは比較的キャリアを積んでいる2頭。マルブツイースターは前走のラップが優秀で、写真だけ見ればデキもかなり良さそう。隣枠のコウユーコロコロに外から付いて行けるので展開的にも楽。

アグネスクリスタルはマルブツ以上に前走のラップが秀逸。肉付きのいい好馬体の良血馬。かなりの器を感じさせます。森厩舎らしく力を出せるようになるまで時間は掛かりましたが、その分経験も積めています。とにかく、結構な好素材!

新潟2歳Sは小倉2歳S以上に粒が揃い、難解な一戦。何よりタケミカヅチアドマイヤフォースを観た事がないのが痛い!

エイシンパンサーは以前から惚れ込んでいましたんで、この馬を良く知っている方だとは思います。末脚が最大のウリで、阪神1600のラスト2ハロンが11.6-11.7。それを6月の時点で記録していたのですから、やはり素質はかなりのもの。

タケミカヅチは前走のインパクトが大。前走のように出遅れるとさすがに厳しいでしょうが、まともなら突き抜ける可能性もありますよね。新潟1600が一番合うのはこの馬でしょう。

この2頭は甲乙付けがたい面もありますが、確実性ということならパンサーが上でしょう。ミカヅチの単勝を買うならここしかない、とも思いますけどね。

アドマイヤフォースは・・・馬体はかなり良く見せてます。ただ上り勝負への対応力では、上記2頭に劣るかも知れません。

他の馬については、知らない馬ばかりなので割愛します。

しかし、3場メインのパドックを全て見るのはキツイなあ・・・。どれかを捨てたいんですが、全く甲乙丙が付け難い!全部観ちゃいそうです(笑)

残る札幌記念の予想は明日に!
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析