忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハナはダブルティンパニーかマンハッタンスカイだろうし、巨体・頭高い走法・オオトビと揉まれ弱そうな要素が揃っているシンゲンもこの枠なら前にいきたいはず。そしてヤマニンキングリーがこの後に続けば、平均体重500キロの4頭が4角で壁を作ることに。

この間を突くのも小柄な馬ではしんどそうだし、この巨体軍団の外を回すと普段の1.2倍は距離ロスになってしまいそうで、差し勢は開幕馬場ということもあり多少割引でしょう…というなんちゃって展開予想(。-∀-)

 

にほんブログ村 トラコミュ 第44回 中日新聞杯(JpnIII)へ
第44回 中日新聞杯(JpnIII)

 

普通の予想に戻して…ワイルドワンダーの弟・オペラブラーボが一番人気ですか。ワルツダンサーの仔らしく、体の小ささを全身の収縮力でカバーする独特のスタイル。こういう完歩小さいピッチ走法って使える脚が少しですから、外を回す距離ロスがモロに響きます。降級前のレースを見れば分かりやすいですけど、コーナーで脚を使うと直線伸び切れず、かと言ってじっとしてると離され…というジレンマ。ワイルドワンダーも外をぶん回すと負けますよね。

それと前肢で地面を無駄に強く叩くのがこの血統の(硬い馬場での)弱点ですけど、父がもともとそういう仔を出すオペラハウスではその傾向も変わらず。極限のスピード勝負で外を回す競馬をすると勝ちきれないのは、恐らく兄と同じであろうと見ます。

 

本命はヤマニンキングリー。

 

70a7c45f.jpg朝日杯

 

pp11.jpg菊花賞

 

 

 

 

 

 僕が初めて「この馬は強い」と感じたのは、昨年の朝日杯。当時は貧弱で、フォトパドックの時点で明らかに完成度で見劣っていたというのに、インベタ絶対有利の馬場で終始外目を回し5着とはほぼ差の無い7着。僕の中ではかなり衝撃的な走りでした。次走のきさらぎ賞では16キロ増でも太め感なくパワーアップしており、勝ち馬と0.1差の3着。この時点で既に世代一線級の能力を持っていたのは確かでしょう。

その後裂蹄で調子を落としましたが、夏場の休養を挟んだ秋は使う毎に良化。朝日杯時と比べて+26キロ、きさらぎ賞時から10キロ増えた分は全てが成長分。写真を見ても『別馬』ですよね。この辺の距離ならディープスカイ・オウケンに次ぐ世代3指に入る能力があるんじゃないか…と見ています。

馬体やフォーム見ても、起肩で背中もちょい長いけどセンス良い馬だな~って思うんですよ。オペラブラーボとはコンパスが違うってところを見せ付けて欲しいっす。

 

ヤマニンキングリー
〇マンハッタンスカイ
▲シゲルフセルト
△シンゲン
△アルコセニョーラ

1e3d5432.jpg

 

 

 

 

netkieba.coより

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 本格化!の罠!(笑)

そうきましたか!
2倍代の一番人気を蹴飛ばすとは勢いのある予想ですね!(笑)
ヤマニンキングリーは確かに秋に来て本格化したかもしれません。
55キロも恵まれた感じがしますが。。。
オペラブラーボもここに来ての三連勝で本格化した感があります。
本格化したオペラハウス産駒は、ちょいと手が付けられないくらい強いのは有名ですね。
また、今回は56キロで一瞬、罠かと思うくらい美味しい感があります!(笑)
ここに出てくるのはある程度わかっていて、人気になるのもわかっていたのですが、56キロは嬉しい誤算です!
中京のハンデ戦なので、大荒れの可能性大なのですが、今回は紐荒れな感じがあるのでオペラブラーボから手広くと言うスタンスで行きたいです。

相手は、、、

これから検討します!(笑)
Jungle 2008/12/13 06:51 *edit
 相手は
◎オペラブラーボを頭から手広くと言うスタンスで行きたいです。

相手は、、、

開幕週を考慮して。
今回斤量据え置き53キロで内枠先手を取れそうな○ダブルティンパニー、
前走56キロで府中芝1800mを1分45秒7の好タイムで走り、今回54キロである程度前に行ける▲シンゲン、

後ろから来る馬では、2000mを9戦して3勝二着2回、53キロ軽ハンデなら上がり33秒台で上がれそうな▲アルコセニョーラ
辺りが相手で面白いでしょう。

三着候補には、、、
ここに来て調子が上がってきたダンス産駒斤量55キロ△ダンスアジョイ、
2000m1分58秒1(新潟)の持ちタイムと、好調教(坂路重4F50.6)で斤量54キロ△フサイチアソート、
休み明け叩き3戦目、好調教(Bコース6F一杯77.3)、2000m8戦三着以内が4回、斤量54△キロマイネルポライト、
もう一頭の人気馬ですが、55キロ△ヤマニンキングリーは押さえます。
マンハッタンスカイは今回斤量貰い過ぎで消します。
◎オペラブラーボ
○ダブルティンパニー
▲シンゲン
▲アルコセニョーラ
△ダンスアジョイ
△フサイチアソート
△マイネルポライト
△ヤマニンキングリー
◎→○▲→○▲
○▲→◎→○▲
◎→○▲→△
3連単で!(燃)

Jungle 2008/12/13 10:03 *edit
 おぉ
燃えてますね!(笑)
えびしょ~にイン差しをやられたら降参です(>_<)
Apollo 2008/12/13 13:54 *edit
 (燃)
(燃)は先週が良くなかったからです。(笑)

阪神は◎キクノサリーレから、○マイネルアワグラスと▲ダークメッセージで決まりかなと。
紐が△マコトスパルビエロ、△メイショウサライ、△ゲイルバニアン、△マルブツリードくらいでいけるかなと。

◎→○▲→○▲△
○▲→◎→○▲△

3連単で。
Jungle 2008/12/13 15:23 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 【競馬予想】中日新聞杯◎シゲルフセルト
第44回中日新聞杯の競馬予想です。
[競馬予想@競馬で儲けよう ] ×URL   2008/12/13(Sat) 07:47:03
 中日新聞杯(Jpn3)現時点での検討
   中日新聞杯現時点での検討です  中京11R 中日新聞杯(Jpn3)  ハンデ戦でまず近走・調教を重視さらに展開予想とハンデを考慮して順位づけ     ◎サクラオリオン     〇ヤマニンキグリー     ▲オペラブラーボ     △シンゲン     ...
[趣味は競馬と読書とダイエットです ] ×URL   2008/12/14(Sun) 00:22:00


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析