忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月21日の小倉第5レース、新馬戦。1番人気だったのがエイムアットビップ。しかし自分が買ったのは、体重が402キロしかなく小柄で将来性を全く感じなかった4番人気マイネレーツェル。結果はマイネレーツェルが1馬身差で勝ち、エイムアットビップが2着。

これはパドック党としての、非常~に偏った意見ですけど・・・新馬戦で簡単に見切られてしまうような馬が2歳重賞を勝ってはいけないと思います。しかもここを勝てば阪神JFで上位人気に支持されることが確定的になるファンタジーS。ますます変な馬が勝ってはいけません。そんなことが起きれば、世代のレベル自体を疑わなくてはならなくなる。

昨年のメンツで言えば、アストンマーチャン・ウオッカ・ダイワスカーレット・・・この3頭は文句なしに素晴らしい馬体をしていますし、実際に能力も非常に高いものを持っています。どれが世代を代表する馬になってもまったく不思議には思いませんし、他の年と比べても決して引けをとることはありません。

でもエイムアットビップ程度の馬が世代を代表する牝馬・・・という風になるのには、ちょっと納得出来ませんし、なって欲しくありません。すでに完成に至っていた前走にしたって、「このメンバーが相手なら勝てそうだな」くらいの印象しかパドックからは受けませんでしたし、「世代を代表する名馬になる」なんてことは、毛の先ほども考えませんでした。

今年観た範囲の2歳馬でそういう印象を受けたのは・・・まずポ〇トフィーノ。次に〇ルトフィーノ。最後の一頭が、ポルト〇ィーノ

・・・これだけですね、昨年の三強クラスのスケールを持っている2歳馬は。この馬を6月に観たときには、クラシックを目指す馬が続々とデビューする秋までに、いったいどれだけの名馬候補に出会えるのだろうか・・・と楽しみに思ったものですが、それ以来一頭もそういった馬は見かけません。残念なことに。

そう考えると、こと牝馬に限っては昨年よりもレベルとしては
と考えざるを得ません。まあ、昨年が高すぎたこともあるのでしょうけど。となると、ここをエイムアットビップが勝つことになっても、ある意味仕方ないのかな・・・とも考えれられます。

しかし、ちょっと待てよ・・・昨年の三強のすぐ下くらいのレベルの馬・・・ベッラレイア級の馬ならば、今回のメンバーにも居る。それが勝つっていうのなら、自分も納得出来ないこともない。

というより、せめてベッラレイアくらいの評価を与えられる馬が世代を引っ張って行ってくれ!という、ある種の願望も込めて・・・

本命はエイシンパンサー

磨きこまれた鹿毛。圧倒的に柔軟で抜群のハリを持つ筋肉。ピッチ走法の小刻みなフットワークから繰り出される一瞬の切れ。まるでアストンマーチャンとベッラレイアを足して2で割ったような特徴を持つ、完成度の高い牝馬。

本来なら2戦目のマリーゴールド賞で2勝目を挙げ、続く新潟2歳Sで初重賞制覇を果たし、そしてこのファンタジーSも優勝。4戦全勝で阪神JFに向かい、圧倒的1番人気に支持される・・・というエリートコースを歩んでもおかしくなかった馬ですけど・・・2戦目のマリーゴールド賞は当日になって出走取り消し。新潟2歳Sは輸送でテンションが上がり過ぎ、引っ掛かって自滅。それでも勝ち馬から0.4差の4着と、力のあるところを見せてくれました。

距離は1ハロン、輸送は数百キロ短縮されて条件が好転する今回。ベストはやはり1200の、しかも直線の短いコースかもしれませんけど、持てる能力を『普通に』発揮してくれれば結果は付いて来るでしょう。というより、例え引っ掛かったとしても千切るくらいの、圧倒的な強さを見せ付けてくれるのを期待しています。

他で一番怖いのがドリームローズ。何気にPO馬だったりします。デビュー戦のパドックは観ていませんが、レース内容を見る限りではまだ体に緩いところがある馬でしょう。今回のパドックとの比較で成長の具合を図ることが出来ないのは痛いですけど、まあそんなに急激な良化はないでしょ。将来的にはエイシンパンサーに成長が追いついてきそうだとは思いますが、今回は見送り。

馬券はエイシンパンサーの単勝、押さえで〇エイムアットビップとの馬連。

アルゼンチン共和国杯の予想は後ほど。
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 第12回 KBSファンタジーS(Jpn)の1着馬は?
過去の1着馬にはアストンマーチャン、ラインクラフト、スイープトウショウ、ピースオブワールドと後にG1(Jpn)を制覇する名牝が誕生している。 第12回 KBSファンタジーS(Jpn)の1着馬は? 2007年 11月4日(日)5回京都2日 11R 第12回 KBSファンタジーS(Jpn) サラ系2歳 オープン (混合)牝2歳(指定) 馬齢 1400m 芝・右 外 重量54.0 発走 15:45 エイシンパンサー-秋山真一郎 エイムアットビップ-福永祐一 オディール-安...
[しげぽーね@eBet ] ×URL   2007/11/04(Sun) 00:39:09


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析