忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南部杯


◎エスポワールシチー
○ダノンカモン
▲オーロマイスター
△ランフォルセ
△トランセンド


フォームの硬さ(遊びの少ないピッチ走法)、マイルでも掛かる気性から、間違いなく中央ダートと距離短縮が向くエスポワールシチー。使いつつデキも上向いているそうですが、例え前走並みのデキでも勝てる。それくらい、図抜けた実力を持っていると思います。得意の高速決着に持ち込めるよう、積極的なレース運びを期待。

ダノンカモンは今年のフェブラリーSでの本命。好スタートを切りながら控えて砂を被り、頭が高くなってズルズル位置を下げた内容は不本意なものでした。スムーズなら今度こそ好勝負。





PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 東京開催
ポイントは東京開催で
◎トランセンド
○ランフォルセ
▲エスポワールシチー
△ダノンカモン

かなりトランセンド有力です。
佐藤哲なら○エスポワールシチーでしたが。
 
Jungle 2011/10/10 15:40 *edit
 無念
jungleさんオメでした、トランセンドは完勝でしたね。自分はエスポワールシチーの単勝とダノンカモンとのワイドを持ってましたが、ラストでバッタリ(涙) トランセンドの粘り腰も驚異的でした…
Apollo 2011/10/10 18:21 *edit
 いやぁ

毎年、この京都東京開催で利益を上げてるんですが
先週は久々に大当たりでしたわw
日曜にはWIN5も的中しました^^

それにしてもトランセンドはやっぱ強いですね。
若干1600だと距離不足っぽかったですが、
ハイペースになったのが粘り勝負になってよかったのかもしれませんね。
パトロール映像見ると、ダノンカモンなんかはよれよれなのに最後まで力強く走り抜けたトランセンドが圧巻でした。

今週は秋華賞ですが今年の牝馬クラシック路線は低調だったと想定しており、
ホエールキャプチャの中間を見るとこれでいいんじゃないかと思えるぐらいのデキですが
春の2戦はの勝ち馬はエルフィンS、忘れな草賞とOP特別から出るという、なかなか変則的な流れ。
今年は紫苑Sもいい内容でしたしそこから狙うのもありなのかな。

それと、今になって去年の秋華賞回顧のエントリーでアパパネに関して言いかけてやめた言葉がなんなのか気になっておりますww
Michael 2011/10/13 06:47 *edit
 ベスト
どうもです、この開催で稼げるのは羨ましいっすな~…自分はほぼ毎年、阪神・中山>>>東京・京都という成績なので、この先2カ月はかなり回収されそうです(泣)

しかしトランセンドは格が違いましたねぇ。ハイペースも結果的に追い風になったと思いますが、テン緩くても自分からペースを上げていける脚質ですから、常に今日の力を出せれば天下無敵なんでしょうね。アーネストリーもこんなタイプですが、ま~逆らい辛くて参ります;

秋華賞はある意味、メモリアルイヤーのノーマーク大逃げ展開が見えてるので、凄くやりにくいなと感じてます。ピュアブリーゼとかが無視出来なくなるのがなんとも…

あと去年の回顧ですが、「アパパネは中距離では展開向かないと勝てない」、すなわちエリ女は厳しいよ、みたいな意味合いで書いた記憶があります。ま、こう書くと覆されそうな予感もしますが(苦笑)、アパパネはスピード活きるマイルがベスト、というのは一貫して良い続けているつもりです。

東京1800…微妙なところですよねぇ。展開の振り幅が大きいコースなだけに、中距離チックな流れになればあるいは…
Apollo 2011/10/15 00:25 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析