忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうレース前日なんですけど、まぁ金杯から二日しか経ってないということで…遅すぎるかも知れませんが回顧です;

中山金杯
12.2 - 11.0 - 13.0 - 12.1 - 12.7 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 11.2 - 11.8

◎コスモファントム:1着

テン5F61.0、上がり3F34.6と中山らしくない展開で、一番人気の瞬発力ある先行馬が危なげなく勝ちました…で片付けそうになるんですが、特筆したいのがテン2Fの速さと直後(13.0 - 12.1 - 12.7)の加減速。予想で挙げた中日新聞杯ほどでは無いにしろ効率の悪いペース配分だったと思いますが、それでいて最後も瞬発力勝負に付いていったモエレビクトリーはなかなか立派。小回り1800あたりで内枠でも引いてテンに楽できれば、重賞にも手が届きそうです。

同じスローでも、内容としては京都の方が面白いものがありました。


京都金杯
12.3 - 11.3 - 11.8 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 11.4 - 12.0

◎ガルボ:2着

マイネルファルケが2着に残ったときのマイルCSに似た、前半4Fが遅く後半4Fが速い、というペース配分。カンパニー並みに切れなければ後ろからではとても届かない展開で、前の2頭で決まったのはごく自然な結果と言えるでしょう。

予想では「前走と同じ競馬をしたら瞬発力のある馬に差されそう」としたシルポートに勝たれてしまいましたが、実はシルポートの後半のラップの踏み方は前走と今回では大きく異なります。

2010ファイナルステークス
12.1 - 11.5 - 11.0 - 11.8

京都金杯
11.4 - 11.2 - 11.4 - 12.0

端的に言えば、今回のが「仕掛けが1F速い」ですよね。

ショートスパートの瞬発力勝負に持ち込んだ前走も逃げ切ることは出来ましたが、よりメンバーが揃った今回は前走と同じショートスパートでは差される…と、小牧騎手も判断したのでしょう。つまり、「上がり3Fのトップスピード勝負では分が悪い」というシルポートの弱点を、「スローでも上がり4Fの時計勝負」に持ち込むことで巧くカバーした。スローでの強敵ガルボ、ハイペースで怖いライブコンサートを同時に振り切る、という連立方程式を解くにはこれしかない騎乗だったと思います。

…しかし小牧騎手ってこんなにクレバーなキャラでしたっけ?今回のような騎乗を今後も求めてよいものかどうか、ちょっと判断に迷うんですが…;


2011年の本命成績(1-1-0-0)
単回収率140%

(各所で「昨年の~」という類いの集計を見るうちに自分のも気になって調べたんですが、過去の記事を「次のページ」ボタンを連打して辿っていくのが思いのほかシンドかったので;、今年はこまめにつけてみることにします。ちなみに昨年の本命成績は99戦14勝、単回収率101.3%でした。今年も回収率100↑を目指して頑張ります)
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 あけまして
おめでとうございます。
遅れましたが、今年もよろしくお願いします^^
ちなみに東西金杯、◎コスモファントム、◎ガルボ両方とも丸かぶりでした。
そしてシンザン記念にフェアリーSと、重賞4発ありましたが、◎レッドデイヴィス、◎ダンスファンタジア(逆らわず)と、ここまで100%連対できています。
ところが、的中は自分の出資馬の走った招福Sと、京都の淀短距離Sのみ…。
今年から相手4点のワイド本線+相手4頭のBOX押さえで手堅く狙っていっているつもりが、結局1~4着まで買った馬が占める結果になった淀短距離まで、全て相手抜けの始末で、心中穏やかでない4連敗。
軸が当たってワイド4点買って、4連続で外したうえ、仮に3単でやってれば、淀短距離でプラス転向だったじゃないの…という有様で、いきなり辞めとこうかしら…と迷いが出てきています。
たま 2011/01/12 06:37 *edit
 三複換算
あけましておめでとうございます~こちらこそ遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

ファントム・ガルボにデイヴィス・ファンタジアって、ハンパじゃない軸選びですねぇ。そこまで軸が勝ち負けに絡んでるなら自分としては単勝を勧めたいところですがw、たまさんならやはり三単でしょうか?
ワイド4点+4頭BOXは三複総流しに換算するとかなりの点数になる割に破壊力は落ちちゃいますし、テラ銭の壁を破るには難しい戦法のような気がします;
Apollo 2011/01/12 23:08 *edit
 馬券作戦
うーん、ワイド4点流し+紐馬で4頭BOXは、正確に書くと、(1000×4)+(300×6)で4800円くらいのイメージなんですよ。
そうすると、仮に軸が決まったとして、的中パターンが相手が安かったり、1人気になってしまっても3~5倍見当くらいのワイドが1つ当たったときに、それだけでトントン。
荒れ目で嵌ると、本線のほうがW的中でおそらく40~50倍くらいになるとみて、4800円で手堅く10万の払い戻しに届くはずと思ってるんです。W的中前提でイメージすると、馬連よりワイドのほうがオッズがつくわけですし、ワイドは必ず人気以外のほうがおそろしくオッズがつくので、実質ワイド万馬券狙いなんです。
たとえばフェアリーSだと、ファンタジアから15~20倍あたりを4点ひくイメージで、○ピュアオパール(8人気9.0-10.3)、▲フジチャン(9人気7.6-8.7)、×コスモバタフライ(11人気27.4- 31.3)、△ヤマノラヴ(14人気516.4-520.7)。
複勝のつもりで軸を決めて、相手をかたっぽ拾えればOK。
本線が実は保険、真の狙いはW的中のときの紐同士の500倍をがっちり拾ってトリプル的中!みたいなイメージでいるんですが…なかなかうまくいきません。
難しいんですかねぇ…。
たま 2011/01/12 23:38 *edit
 意外なデメリット
ワイドBOXとかワイド流しは昔使ってた時期があるんですが、トリプル的中がまず意外と難しいですし(ウデのせいでしょうけど;)、ワイド万馬券も人気薄が頭なら三単で100万届いてる~というのが、点数効率を計算すると悔しかったりするんですよねぇ。

もちろんワイドは2頭しか来なかったときの保険の機能もあるんですけど、利益を生む最大の源泉であるトリプル的中が滅多にない割に、点数が増えるデメリットが意外に重い(一本当たっても利益が薄い)…というのが個人的な使用感でした。

当然レースによっては、例えば人気馬が揃って飛びそうなときなどはワイド高配当狙いが有効になるんでしょうけど、常用して利益を出すのは難しい気がしますねぇ…。
Apollo 2011/01/13 00:52 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析