忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

開き直ってたっぷり寝てみました(。-_-。)

 

 

にほんブログ村 トラコミュ 第13回 東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)へ
第13回 東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)

 

2歳戦の東京1800は中緩みの上がり3ハロン競馬になりやすく、紛れが多い条件。前残り頻発の馬場状態を考えても、前付けしつつ切れる脚を使える馬が理想ですね。

 

ブレイクランアウト

肩の角度は標準~起ち気味も掻き込み強く、トモが発達しているので瞬発力がある。しかし胴も脚も頸も短めで距離に限界ありそう…と、良くも悪くも母の父フレンチデピュティが色濃く出ている感じですね。中距離以上で速いタイムの決着になると弱点が出そうですけど、中緩みならそれも問題無いでしょう。テンにそれなりに行けるし、インを突ける好枠と鞍上。無難に攻めるならこの辺じゃないですか?

 

ダノンカモン

後肢が長く腰高気味の姿勢で走るので、本来ならば先行がベストなはず。スタートが悪くて後方からのレースになってしまう現状でも2連勝出来ているのは、恐らく長い脚をしっかり使える筋力が付いているから…プラス、相手に恵まれたから。前走のいちょうSのメンバーを振り返ってみると、4着が大きな不利を受けていたブレイクランアウト、3着は手前を替えないダブルレインボー、2着が繋が硬めかつ米血統でダートベターのケイアイライジン。2,3着の2頭が次走スロー競馬で負けているように、決め手勝負になると分が悪いのはこの馬も同じでしょう。中緩みで損する立場になるのは見えているし、ちょっと嫌ってみたくなるタイプではありますね。

プラス材料を挙げておくと、叩き良化型で晩成のシンボリクリスエス産駒で、デビュー2連勝を達成したのはこの馬くらい。シンクリ産駒にしては蹄が小さめなのが幸いしているんでしょうけど、もしかすると大物になるかもしれませんし、また良化を見せてくる可能性もあります。

 

スズカワグナー

ついさっきまではマイネルエルフと似たような馬って印象を持ってましたけど、映像見返したら全然違いました。胴が短いんで小回り向きっぽい印象をパドックでは受けるんですが、意外に前肢が前に出るしオオトビ。姉のスズカローランに似てるんですね…うーん。スズカワグナーみたいに胴短いオオトビって、まずアンバランスな構造なんですよ。成功してるのはナムラマースくらいかな。でもマースはスプリントも行けるくらいスピードあるから、ワグナーとはちょっと違うか?

うーん…中途半端な馬なんじゃないかな~と思いますが、よく分かりません。

 

サンカルロ

父が同じなだけあって全体的な雰囲気はダノンカモンと似てますが、調教映像から受けるバネ感はなかなかのもの。普通に“良い”と思える馬ですね。でも前走のトモを落とす感じのスタートはどう受け止めれば良いのやら…今度は出てくれるんかなぁ?まともにスタートを決めればアタマの可能性は一番でしょう。前走はシンクリ産駒のデビュー戦としてはナンバーワンのパフォーマンスと違いますか?

 

メイショウドンタク

前走4角で大きく遅れたのは、多分下りコーナーが上手くないからでしょう…というか、右コーナーで外にモタれるし、左手前に替えるときも右に行っちゃうし…超が付く不器用さですね。左コーナーもどうなんかなぁ…①左回り巧者 なのか ②コーナーが苦手 なのか、可能性は五分五分ってとこでしょうか。逃げがベストかな?それと手先が重くて鈍いんで、切れ勝負は向かないはず。ハイペースでスイスイ引っ張るレースがベスト。藤田サンがダンツキッスイみたいなイメージで乗ってくれれば。

 

マッハヴェロシティ

こちらはメイショウボーラーの甥。肩は寝ている方。立ち写真の横見だと完成度が高い馬のようにも見えるんですけど、確か歩様はフラフラして甘かったはず。頭が高い走法になったのはトモがパンとしてないからでしょう。 その状態で上り33.1ですから、出来てくれば相当強くなるはず。追い切りは65.8-12.0と時計は良い。完成するのはまだ先でしょうけど、上昇度次第で一発も。 ちなみに同時期のメイショウボーラーの立ち写真を比べると…トモのサイズ、腹袋の実入りなんかは流石に見劣ります。その代わり距離は持ちそうな体型。まあ、新潟マイルですから一緒に走ったらメイショウのが強いでしょうね。

新潟2歳Sのときのをコピペ。内枠先行が一番恵まれそうですし、新馬戦を見る限り中緩みにもソコソコ(あくまでそこそこ)対応できそうです。3着なら。

 

 

まずい、時間無い!

ウインズ行ってきます

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 無題
ナカヤマフェスタは裏情報で大当たり、詳細は<http://cornerstone.seesaa.net/>にて!!!
コーナーストーン URL 2008/11/22 22:32 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析