忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋華賞


ジェンティルドンナは「寝肩・腰高」の馬体。一口に腰高と言っても色々あって、「後肢の捌きが小さく、常に前傾姿勢となる」先行しやすいタイプと、「後肢の捌きが大きく、踏み込み・蹴り出しとも深い」末の爆発力に転化するタイプがあります。

ジェンティルは後者。後肢を大きく使い、また寝肩で前肢が前によく出るので完歩も広く、スムーズに加速するためにはある程度長い直線を必要とするオオトビタイプです。

ジェンティルドンナはこれまで2度敗れましたが、1度目の新馬戦は京都内回り。2度目のチューリップ賞は阪神外回りでしたが、何度か前が詰まって進路変更を余儀なくされるという、加速に時間を要するオオトビタイプにとっては痛いロスがあってのもの。


オークスでの圧勝、そしてローズSの危なげ無い勝利から絶対的な信頼を寄せられていますが、本質的には京都内回りはあまり良くない馬。確かに前走のように番手に付けられれば力を出せるでしょうが、外のアイムユアーズのマークにあうような展開だと、オオトビの「加速に時間を要する」弱点がモロに出るはず。またオークスのような激しいペースには恐らくなりませんし、スローになればなるほど「地力の差」は出にくくなります。

岩田騎手は「騎乗ミスさえなければ負けない」と語っているようですが、個人的には「上手く乗らないと勝てない」のでは・・・そう思っています。


ヴィルシーナ
(15:20追記)
○アイスフォーリス


アイムユアーズと迷いましたが、最後は枠の差で本命ヴィルシーナ。教科書どおりの内枠先行をすれば、「岩田が上手く乗らない限り」勝てるはず。単勝、アイスフォーリスとのワイド。

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 秋華賞
◎アイムユアーズ
◯ジェンティルドンナ
▲ヴィルシーナ
△ハワイアンウインド
△ダイワズーム

です。

パワーアップしたアイムユアーズで勝負です。
jungle 2012/10/14 15:29 *edit
 ハナ差orz
どうもです、無念のハナ差でした;
スローになったことで、外を回した馬には苦しい展開でしたね。しかしジェンティル、これでも勝ちますか…
Apollo 2012/10/14 16:19 *edit
 無題
僕はアロマティコ本命で、ジェンティルドンナとのワイド本線でひっかけました。
ジェンティルドンナはやはり、コーナーでの加速が甘かったですね。

個人的にオークスは特殊な流れと考えており、あそこまでの差はないと思っていましたので
今回ヴィルシーナがハナ差まできてくれたので納得の結果でした。

しかし前半ほとんど全馬がひっかかっており、団子のままでどうなってまうんやろー、と思ってたとこに
小牧さんが完璧なまくりを見せてくれましたね。
前走も後半長い脚をつかってましたけど、今回も完全にハマったと思いました。
内田騎手は、前を捕らえ損ねるリスクを背負ってまであえてまくられた時も追いかけず、グッと押さえ込んでいました。

それにしても、祐一とかはなんでこんなペースにさせたんでしょうかねー。
全馬脚を余しまくりの競馬でしたね。
でも、それにしては面白いレースでした。
Michael 2012/10/15 14:13 *edit
 最近の秋華賞
堅く来ましたね。
このレースは三連単じゃないと
プラスにできませんでしたね。
スローのヨーイドンで
瞬発力勝負になるとは、、、
jungle 2012/10/15 21:16 *edit
 ペースの決定権
>Michaelさん

ワイドおめでした。アロマティコは自分も迷いましたが、まさかこの展開でも届くとは…立派ですね。

ユーイチはスロー大好きな騎手ですからねぇ。番手につけて、逃げ馬にプレッシャーを掛けているのを見たことがありません(苦笑)
それだけにヴィルシーナ→ユーイチの並びはラッキーと思ってました。しかも、ジェンティルは予想通りコーナーに手こずってましたし、ウチパクの「追いかけない」我慢も功を奏した。普通ならこれでヴィルシーナの単勝が当たってるはずなんですが…ねぇ;

ただ、確かにおもしろい、良い勝負でしたね。



>jungleさん

堅いですよねぇ。ブラックエンブレムが勝った年が懐かしいですが、それだけ今年の牝馬路線は上位陣が強すぎる、ということなんでしょうね。
また個人的には、アイムユアーズの騎手があまり積極的にペースを上げない池添騎手だったのも大きかったと思います。例えばウィリアムズ騎手なら、ダービーのトーセンホマレボシばりに攻撃的に乗ったのでは。それなら大分違いますもんね。やはり騎手は外人か地方騎手か、という話になっちゃいますが…。スローのときに積極的に動く騎乗をもっと見たいものです。
Apollo 2012/10/16 23:03 *edit


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析