忍者ブログ
ラップで顕在的適性を、馬体・血統で潜在的適性を測るブログ。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 トラコミュ 第49回 京成杯(GIII)へ
第49回 京成杯(GIII)

 

久しぶり…といってもラジニケ以来の若駒コメント。

実はこれを始めたのが昨年の京成杯からなんですが、後に皐月賞で1番人気を背負うマイネルチャールズ、エリザベス女王杯を制すリトルアマポーラの2頭にのみシルシを打ったというレースなんですよね。それで一発目で結果出せたんで恒例化したという。懐かしいなぁ…今年も上手く行けばいいんですが。

 

ナカヤマフェスタ

とにかく蹴りが強く、一蹴りでの滞空時間がかなり長い。新馬や東スポ杯で見せたあの切れ味の源泉はここにあるようです。今回の焦点は、果たして持久力の方は如何ほどか?というところ。今まではスローばかりでしたから、中山的な持続戦での適性はまだ見せていません。

馬体やフォームから持久力を測るのは難しいのですが、一つの判断材料が「蹴りの強さに頼ったフォーム」。暮れの有馬記念時に、トモに負担を掛けないフォームほど持久戦に強い傾向がある…というのを言いましたよね。蹴りに頼ったフォームというのははその点から見れば好ましくありません。

血統面からいっても、半兄マイネルクラッチ(父スクワートルスクワート)は前半緩んでの瞬発力勝負になったマイル戦(特に新潟)に良績が集中し、消耗戦ではいまいち振るわずという成績。父が替わってスタミナは強化されているんでしょうけど、兄とキャラが被ってる可能性が高いような…

 

アーリーロブスト

起ち肩で蹴りもそんなに強くないというのはアグネススターチにも見られるバブル産駒の特徴。理想的な角度の繋、線が細くて素軽い骨格も共通点ですね。中~長距離で前半に貯金を作る戦法がベストという馬体構造です。注目は、京都マイルでハマノエルマー(シンザン記念0.6差8着)を0.5千切っていること。つまりスピード持続力もそこそこあるんですよね。前走は楽逃げでしたけど総合力は高そうです。

 

トゥリオンファーレ

ラジニケ前にも指摘しましたが、トモが甘くて坂路でも時計を出せないという完成度。坂のあるコースは本質的に苦手だと思いますけど、阪神⇒中山なら別段割り引く必要も無いでしょう。それと前走の評価が不当に低いようですが…サンライズキールと時計は大差ないからでしょうか?未勝利のメンツがラストまでしっかり脚を使えるようなレースと、イグゼキュティヴでさえヘバるペースになったレースの価値が同じな訳ないですし、やや重でもサンライズキールの時のが時計の出る馬場でしたよ?

首の使い方が上手く、背中は短い。持久力も相当。これでトモがしっかりすればかなりの馬になるのでは…

 

ハイローラー

前肢も後肢も繋が硬めで太い。この時点で芝適性には疑い持っちゃいますね。能力的にカノンコードと大差無いのなら積極的に買う理由がありません。

 

フサイチナガラガワ

起ち肩で背中は短め。それとネオユニ産駒は総じて繋が起ってますが、それでもミクロコスモスみたいな切れる馬も出すという不思議種牡馬なんでちょっと掴みきれません。前走のラスト2ハロン11.6-12.0と止まってないし、まぁ多少は…

 

セイクリッドバレー

…強いのは覚えてますが、ちょっとよく分かりません

 

ケニアブラック

引っ掛かる上にソラ使いというかなり気難しい馬。ジャンポケ産駒で持久力の期待値高いし、能力を発揮出来れば一発あっても驚けません。馬体は堀厩舎らしい線が細い素軽いつくりで柔軟。

 

サトノエクスプレス

外差し馬場を先行し、ワイドサファイアを競り落としてコパノマユチャンを完封した前走。馬体はマイルよりも中距離向きに見えるし、意外と悪くないかも。

 

 

結論!平均ペース以上なら最有力だし、スローでも前に行けるってことで

 

トゥリオンファーレ
〇アーリーロブスト
▲サトノエクスプレス
△セイクリッドバレー
△ナカヤマフェスタ

6c2506be.jpg

 

 

 

 

netkeiba.comより

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 トゥリオンファーレ

トゥリオンファーレはPOですので、毎週調教タイムを見てますが、タイムは遅いですね。応援してますが、まだ完成されて無い感じです。
今回はどうでしょう?
ダービー向きと見てるので今回は押さえるだけにします。
Jungle 2009/01/18 10:05 *edit
 トゥリオンファーレ

トゥリオンファーレはPOですので、毎週調教タイムを見てますが、タイムは遅いですね。応援してますが、まだ完成されて無い感じです。
今回はどうでしょう?
ダービー向きと見てるので今回は押さえるだけにします。
Jungle 2009/01/18 10:19 *edit
 すいません↑二重投稿です。
間違えました。
m(__)m
Jungle 2009/01/18 10:22 *edit
 未完成でも
前走並に走れるなら十分と見ました!
もしトゥリオンが勝ったら来年の有馬はロジユニ買います
Apollo 2009/01/18 14:12 *edit
 うーん。難解

中山芝2000は最後ごちゃつくイメージがあるので、最後の4コーナーは不利を受けない場所にいたいですね。
難しいのですが、
中山で崩れないセイクリッドバレーから3連複ですかね。

◎セイクリッドバレー
△ナカヤマフェスタ
△アーリーロブスト
△トゥリオンファーレ
△モンテトウルヌソル
△ケニアブラック

◎→△△ ボックス
◎単勝少し
あまり自信はないです。
o(^-^;
Jungle 2009/01/18 14:38 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 ◎トゥリオンファーレ 京成杯(2009年)【血統フェスティバル】予想
【京成杯】の予想。過去5年の1〜3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。
[【血統フェスティバル】blog ] ×URL   2009/01/18(Sun) 08:45:58
 京成杯(09年)◎サンライズキール
【京成杯予想】 展望その1はこちら・その2はこちら 展望その1のポイントは「スタミナ寄りサンデー(SS)系」ということでした。 展望その2の...
[血統適性blog ] ×URL   2009/01/18(Sun) 08:54:43


ブログ内検索
プロフィール
HN:
Apollo
性別:
男性
趣味:
馬を観ること
自己紹介:
●予想のしかた
馬体、血統、ラップ予想をリンク。3つの手法それぞれの強みを活かします。

●使う券種
三連単以外は全て使いますが、一番好きな馬券は“人気薄の単勝”です。

●POG2012-2013指名馬

ラウンドワールド
サトノノブレス
タガノラルフ
ポップジェムズ
ネオウィズダム
アルバタックス
スペクトロライト
ファイアマーシャル
ラストグルーヴ
ディオジェーヌ




にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
息抜きに・・・

Click to Play Stay The Distance
上キー・・・加速
下キー・・・減速
左右キー・・・移動
スペース・・・ジャンプ
コントロールキー・・・ムチ

右下のplayを押してから馬を選んでraceを押してスタート!飛ばし過ぎるとバテます。
コメントあざっす!
[11/10 erertyScota]
[11/02 SquiltDut]
[10/28 abesytahZoosy]
[09/11 buying steroids online]
[07/09 buy anabolic steroids]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ | [PR]
最新記事
ブログ頻出用語
■能力について

瞬発力
瞬間的に高いトップスピードを出す能力。直線の長いコースやショートスパートで問われる。

持続力
一定以上のスピードを長時間持続する能力。向正面に下り坂のあるコースやロングスパートで問われる。

スピード
全体的に速いタイムで走る能力。主に短距離・高速馬場で問われる。

スタミナ
厳しい流れでも末を維持する能力。主に中長距離・重たい馬場で問われる。



■馬体編


トモ(後駆)
推進力を生み出す主役。また、疲労が溜まりやすい部分でもある。


腹袋
腹筋を含む、馬の腹部全体のこと。腹袋(腹筋)の大きい馬、つまり普段から腹筋をよく使って走る馬は、使わない馬と比べて疲れにくくスタミナに優れる。

寝肩
肩の角度が浅く、前肢の可動域が前方に広いこと。末の持続力と関連が深い。

寝繋
角度が45°くらいの、主に前肢の繋のこと。強度・クッションのバランスが良いため、芝向きの瞬発力・長距離向きの燃費効率を期待できる。

腰高
前肢に比べて後肢が著しく長い体型のこと。常に前傾姿勢になるので静止状態からのダッシュ力に優れ、先行型の脚質になることが多い。また踏み込みが深くなるので、寝肩・寝繋との組み合わせで末の威力がアップする。


■その他

ソラを使う
野性ウマには、群れの先頭に立ったときに周囲を警戒しつつ加減して走る習性がある。競走馬においても同様で、その癖が強い(ソラを使う)馬は周囲と実力差がある場合でも千切って勝たないため、能力の底を測りにくい。

頭が高い走法
重心が上ずり後方に荷重が掛かるので、トモに大きな負担が掛かる。そのため以下3つの特徴がある。①トモがよく発達する(のに騙されてはいけない) ②トモに疲れが溜まりやすい(脚が続かない) ③坂がニガテ

手前を替えない
馬というのは、コースを一週する際に右手前・左手前という2種類の走法を交互に使い分けている。以下長くなるのでコンデュイットの記事へお願いします。

バーコード
アクセス解析